家賃収入が見込めます|フィリピン不動産という手がある|投資を諦めていた方に
男性

フィリピン不動産という手がある|投資を諦めていた方に

家賃収入が見込めます

男の人

業者と契約して対応する

リロケーション物件は空室になってしまうと、家賃収入が入ってこなくなります。収入が得られないことは住宅の所有者としてはリスクとなりますので、リロケーション物件として活用するときには空室が発生しないように工夫することが重要です。リロケーション物件は最初から賃貸用に作られている住宅ではありませんので、賃貸向けの物件と比べて空室になりやすい点が特徴です。そのために空室保証のサービスを行っている業者が存在していますので、リロケーションを行うときにはサブリース業者と契約を行う方法があります。サブリース業者と契約をしておくことで、入居者がいない状態のときも業者が賃料を支払ってくれますので、住宅の所有者として家賃収入を得ることができます。入居者が契約期間を満了しても退去してくれないなどのトラブルが発生したときにも、サブリース業者が入居者と対応してくれます。

オーナーにメリットがある

リロケーションが人気になっている理由は、自分の資産である住宅を手放すことなく賃貸で利益を得られる点にあります。転勤などを理由として長期的に住宅から離れなければならないときには、放置していても何の利益にもなりませんがリロケーションであれば家賃収入があります。また、空き家にすることで住宅の管理ができなくなりますし、劣化する原因にもなりますので、リロケーションによって第三者に貸し出すことで手入れをしてもらえることもメリットです。住宅の劣化を回避しながら、家賃収入が見込める物件の活用方法としてリロケーションが注目されています。長期間にわたって住宅を何もしない状態にしておくと、防犯上も危険であることが考えられますが、賃貸によって誰かに住んでもらうことができれば、防犯対策にもなります。